Flex BuilderのFP10対応方法

fx3_fp10

昨年秋に正式公開されたFlash Player 10ですが、かなりいろいろな機能が強化されているようで、中でも3D機能のネイティブ対応は大きいのではないかと思います。

そこで、Flex Builderで10対応の新機能を使ってみようと思ったのですが、そのままではうまくいかないようです。色々試して出来たのでやり方を紹介します。

最新のFlex SDKをダウンロード

まず、元から入っているSDKは古いのでAdobeのサイトから最新のSDKをダウンロードします。(Download Flex 3) Adobe SDKとオープンソースSDKがありますが、これは自分が開発するライセンスをオープンソースにしたい場合はオープンソースSDKの方を選べばOKです(Adobe SDKの方はクローズドソースのパッケージが含まれているそうです)。

ダウンロードしたら、Flex Builderのインストール先の中の sdks ディレクトリの中へフォルダを作って解凍します。

flex-config.xmlの書き換え

解凍後、SDKの中にframeworksというディレクトリがありますのでそれを開きます。

その中の、flex-config.xmlのうち、以下の記述を変更します。

    <target-player>9.0.124</target-player>
     ↓
    <target-player>10.0.0</target-player>
      <external-library-path>
          <path-element>libs/player/{targetPlayerMajorVersion}/playerglobal.swc</path-element>
      </external-library-path>
     ↓
      <external-library-path>
          <path-element>libs/player/10/playerglobal.swc</path-element>
      </external-library-path>
      <library-path>
         <path-element>libs</path-element>   
		 <!-- keep the original location in the libpath for backwards-compatibility -->
         <path-element>libs/player</path-element>
         <path-element>libs/player/{targetPlayerMajorVersion}</path-element>    
	     <path-element>locale/{locale}</path-element>
      </library-path>
     ↓
      <library-path>
         <path-element>libs</path-element>   
		 <!-- keep the original location in the libpath for backwards-compatibility -->
         <path-element>libs/player</path-element>
         <path-element>libs/player/10</path-element>    
	     <path-element>locale/{locale}</path-element>
      </library-path>

Flex Builderの設定

[ウィンドウ]→[設定]で、設定画面を開き、左側のFlex > インストールされている Flex SDKを選びます。
するとSDKの一覧が出るので、「追加」ボタンで最初に解凍したSDKのパスを指定します。

すると一覧に追加されるので、新しく追加されたSDKの左にチェックを入れてOKボタンを押します。

次に、新しいプロジェクトを作り、プロジェクトのプロパティを表示します。この中のFlexビルドパスに、playerglobal.swcというのがあるのですが、これは9用のものなので削除します。そして、SWCの追加をクリックしてSDK_ROOT/frameworks/libs/player/10/playerglobal.swcを追加します。

追加したplayerglobal.swcの左の三角をクリックして、リンクタイプを編集し、「外部」に設定しておきます。

最後に、プロジェクトプロパティの中の必要なFlash Playerバージョンを 10.0.0 にすればOKです。

テスト

実際にPlayer10のコードが作れるかどうか確かめてみます。以下のソースをビルドして実行できるかどうか見てみてください。
fp10_test.zip

LINEで送る
Pocket

2 注釈 “Flex BuilderのFP10対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です