RubyでOpenGLをやってみる

ruby

昨日、広島Ruby会議 01-2009 に行ってきました。

なかなか盛況でたくさんの方が参加されていましたが、スーツ率が高く若干肩身が狭かったです(笑)

実は私は今までRubyは触ったことがまったくなかったのですが今回イベントに参加してみて、興味が出てきたのでちょっとやってみようかと思います。

お題としては、最近久々にいろいろやっている3D系のプログラムを書いてみることにします。果たしてうまくいくのかどうか・・・。

環境準備

開発環境はUbuntu 8.10で、rubyパッケージはインストール済みの状態でした。

RubyでOpenGLをやる場合、ruby-opengl というgems(Rubyのライブラリパッケージ管理のシステム)のパッケージが必要なようなので、入れてみます。

  • gem install ruby-opengl

すると、gemコマンドがないと怒られました・・・。rubygemsパッケージが入っていなかったようなので、synapticからインストールします(パッケージ名が分からなかったので。apt-get install rubygems でもOK)。

再度、先ほどのコマンドを実行すると、今度は rake コマンドがないといわれたので、

  • apt-get install rake

します。

今度こそいけるかと思いきや、大量のコンパイルエラーが・・・。エラーを追ってみてみると、どうやらOpenGLのGLUT関係のヘッダのincludeでこけている模様。

再びsynapticからパッケージをopenglとかで検索してみてみると、freeglut3-devというのを発見!たぶんこれだろうということで、インストール。

ここで、最初に入れたruby-openglのインストールコマンドを実行すると、ようやくインストールに成功しました。

あとはOpenGLのコードを書くだけ

実際大変だったのは、上記の環境の設定で、あとは公式サイトのリファレンスを見たりしましたがそれほど難しいところはありませんでした。

作法(?)として、セミコロンがいらなかったり、クラスやメソッドの宣言で { } を使わなかったり、インスタンス変数に@を付けたり、インスタンス化が、new Class() ではなく、Class.new() にするといったところは多少戸惑いましたが、覚えれば何てことはなさそうです。

今回作ったコードは以下のような感じです。

#!/usr/bin/ruby

#-----------------------------------------
# GLUTでティーポットを描画するだけのプログラム
# @author flipper
# @date   2009.03.12
#-----------------------------------------

require "rubygems"
require "opengl"
require "glut"

class Teapot
    LIGHT_POSITION = [0.25, 1.0, 0.25, 0.0]
    LIGHT_DIFFUSE  = [1.0, 1.0, 1.0]
    LIGHT_AMBIENT  = [0.25, 0.25, 0.25]
    LIGHT_SPECULAR = [1.0, 1.0, 1.0]

    MAT_DIFFUSE   = [1.0, 0.0, 0.0]
    MAT_AMBIENT   = [0.25, 0.25, 0.25]
    MAT_SPECULAR  = [1.0, 1.0, 1.0]
    MAT_SHININESS = [32.0]
    
    def reshape(w,h)
        GL.Viewport(0,0,w,h)
    
        GL.MatrixMode(GL::GL_PROJECTION)
        GL.LoadIdentity()
        GLU.Perspective(45.0, w.to_f()/h.to_f(), 0.1, 100.0)
    end

    def display()
        GL.MatrixMode(GL::GL_MODELVIEW)
        GL.LoadIdentity()
        GLU.LookAt(0.5, 1.5, 2.5, 0.0, 0.0, 0.0, 0.0, 1.0, 0.0)
    
        GL.Lightfv(GL::GL_LIGHT0, GL::GL_POSITION, LIGHT_POSITION)
        GL.Lightfv(GL::GL_LIGHT0, GL::GL_DIFFUSE, LIGHT_DIFFUSE)
        GL.Lightfv(GL::GL_LIGHT0, GL::GL_AMBIENT, LIGHT_AMBIENT)
        GL.Lightfv(GL::GL_LIGHT0, GL::GL_SPECULAR, LIGHT_SPECULAR)

        GL.Materialfv(GL::GL_FRONT, GL::GL_DIFFUSE, MAT_DIFFUSE)
        GL.Materialfv(GL::GL_FRONT, GL::GL_AMBIENT, MAT_AMBIENT)
        GL.Materialfv(GL::GL_FRONT, GL::GL_SPECULAR, MAT_SPECULAR)
        GL.Materialfv(GL::GL_FRONT, GL::GL_SHININESS, MAT_SHININESS)
    
        GL.ClearColor(0.0, 0.0, 0.0, 1.0)
        GL.Clear(GL::GL_COLOR_BUFFER_BIT | GL::GL_DEPTH_BUFFER_BIT)

        GL.Rotate(@rotX, 1, 0, 0)
        GL.Rotate(@rotY, 0, 1, 0)
        GLUT.SolidTeapot(0.5)
    
        GLUT.SwapBuffers()
    end

    def mouse(button,state,x,y)
        if button == GLUT::GLUT_LEFT_BUTTON && state == GLUT::GLUT_DOWN then
            @start_x = x
            @start_y = y
            @drag_flg = true
        elsif state == GLUT::GLUT_UP then
            @drag_flg = false
        end
    end

    def motion(x,y)
        if @drag_flg then
            dx = x - @start_x
            dy = y - @start_y
        
            @rotY += dx
            @rotY = @rotY % 360
        
            @rotX += dy
            @rotX = @rotX % 360
        end
        @start_x = x
        @start_y = y
        GLUT.PostRedisplay()
    end

    def initialize()
        @start_x = 0
        @start_y = 0
        @rotY = 0
        @rotX = 0
        @drag_flg = false
        GLUT.InitWindowPosition(100, 100)
        GLUT.InitWindowSize(300,300)
        GLUT.Init
        GLUT.InitDisplayMode(GLUT::GLUT_DOUBLE | GLUT::GLUT_RGB | GLUT::GLUT_DEPTH)
        GLUT.CreateWindow("Ruby de OpenGL")

        GL.Enable(GL::GL_DEPTH_TEST)
        GL.Enable(GL::GL_LIGHTING)
        GL.Enable(GL::GL_LIGHT0)
    
        GL.FrontFace(GL::GL_CW)
        GL.Enable(GL::GL_AUTO_NORMAL)
        GL.Enable(GL::GL_NORMALIZE)
        GL.Enable(GL::GL_DEPTH_TEST)
        GL.DepthFunc(GL::GL_LESS)
    
        GL.ShadeModel(GL::SMOOTH)
    
        GLUT.ReshapeFunc(method(:reshape).to_proc())
        GLUT.DisplayFunc(method(:display).to_proc())
        GLUT.MouseFunc(method(:mouse).to_proc())
        GLUT.MotionFunc(method(:motion).to_proc())
    end
    
    def start()
        GLUT.MainLoop()
    end
end

Teapot.new().start()

rubygl.rb

保存後、以下のコマンドで実行できます。

  • ruby rubygl.rb

ruby-opengl

マウスのドラッグで回転ができます(が、適当につくっているので軸がx,y軸固定です・・)。

今回のコードはRubyのコードというよりは単にOpenGLのコードになってしまったような気もするので、今度はWebアプリっぽいものを作ってみたいと思います。

LINEで送る
Pocket

RubyでOpenGLをやってみる」への2件のフィードバック

  1. さっそく!

    やったかいがありました。ありがとうーございます。
    肩身の狭い思いは、もうしわけなく(ry

    こんどはプログラミング合戦に参戦して下さい〜

  2. コメントありがとうございます(^^)
    プログラミング合戦。。それまでにRuby習得できるかどうか(笑)
    期待せずにいてください〜。

nisyu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です